電子マークシートの可能性

回答も集計・採点もしやすいマークシート

OMRで読み取るマークシート

マークシートとは、通常は丸や楕円、長方形などの小さな図形を、鉛筆で黒く塗りつぶして回答するフォームのことを指します。

学校や塾の試験、就職試験、アンケート、その他さまざまな形でマークシート方式が使われています。誰でも一度くらいはマークシートにチェックをしたことがあるのではないでしょうか。マークシートは、OMR(光学式マーク読み取り装置)と呼ばれる機械を使って読み取られます。

これは、マークシートに記入された鉛筆の塗りつぶしを、機械が光学的に読み取ることによってデータ化するというしくみです。読み取られたマークシートのデータは、すぐにパソコンに転送することができます。

採点・集計結果をスピーディーに回答者に渡すことができますし、読み取ったデータを使って分析や集計作業を行うこともできます。

パソコンでマークシート試験

しかし、最近では専用のマークシート用紙をスキャナや複合機を使って読み取るということもできるようになってきました。

マークシートを読み取るためのOMR専用機は精度やスピードには優れているのですが、費用が高いという難点があります。その点、スキャナや複合機であれば、多くのオフィスでは所有しているでしょうし、新たに購入したとしても数万円程度の出費で対応することができます。

このように、OMRやスキャナなどを使って、紙のマークシートを読み取るというのが従来のマークシートですが、最近はパソコンやスマホを使って簡単な試験をすることも増えてきました。この場合は、答えに対して丸や四角のチェックボックスのようなものが表示されるので、回答となるチェックボックスをクリックしてチェックするという形になります。いわば電子版のマークシートのようなものです。このような電子マークシートは、回答者がチェックを入れるやいなや正誤データを判明させることができます。

回答者がわざわざ試験会場に行かなくても、オンラインで試験を受けることもできます。

ただし、試験会場にパソコンやスマホを持ち込まなければならなかったり、インターネット環境も重要になってくるなどの問題もあります。