マークシート読み取りソフトウェアの比較

マークシート読み取りにはソフトが必須

OMRにはソフトが必要不可欠

マークシートといえば、高額なOMR(光学式マーク読み取り装置)を使って読み取るのが従来の方法です。マークシートに記入された鉛筆の塗りつぶしを光学的に読み取ることで、回答をデータとして認識し、試験の採点集計など目的に応じた加工をすることができます。

しかし、実際にOMRを使用する場合には、OMR単体では使用することができません。基本的にはOMRはマークシートを読み取るための専用ソフトと合わせて使用するという形になります。そのため、OMRを導入する時点で、ソフトウェアと合わせて購入を検討することになります。

このときのソフトウェアは、使用するOMRの機種や、マークシートの目的よって変わってきます。

最近はマークだけでなく画像も読み取ることができる高性能なOMRもあるため、そういったOMRであれば記述解答に対応した採点ソフトなども使用することができます。

スキャナで読み取るためのソフト

また、最近はわざわざ高額なOMRを導入しなくても、専用ソフトウェアとパソコン、スキャナー、プリンターをつかってマークシートを利用することも可能です。

OMRがマークシートのマークを直接読み取れるのに対し、スキャナでの読み取りはマークシートのマークを一度スキャナで読み取ってデータ化し、その画像データを使って採点や集計を行うため、スピードや正確性に欠けるという声もありますが、近年の技術の進歩は目覚ましいものがあり、さまざまなメーカーがOMRに代わるマークシート読み取りソフトを販売しています。

たとえばRemarkOfficeOMRというソフトウェアは、エクセルやワードを使ってマークシート用紙を設計し、読み取り位置を設定したり配点設定をしたり、データの確認や集計・分析まで行うことが可能です。

また、スキャネットという企業は、専用マークシートを使用する必要がありますが、スキャナでデータを読み取り、採点・集計などを行うことができるソフトを扱っています。

ソフトは用途に応じて多様なものがあり、無料で利用できるものもあります。